New Page Copy of official web site





img_577010_60990788_0.jpg

GRAND_BLEU_m.jpg

7040519-old-projector-showing-the-film-in-dusk.jpg 青は藍より出でて藍より青し

さて、私の好きなというより、なにかこう大切な映画を紹介する

まず最初に、この映画の主人公は存在する。

いや、存在していたというほうが正しい。

彼の名はジャックマイヨール フランスのフリーダイバーであった。

o0511035610619736238.jpg

彼が母親の葬儀にマルセイユに行った折に監督のリュックベッソンに出会い

彼の自伝を元にした「グランブルー」が製作され、世界中に彼の名が知られる

ことになる。人類史上初めて素潜りで100mを超える記録を作り

今でもダイバーや海が好きな人のカリスマ的存在である。


さて話を映画に戻して・・・

この映画、ひたすら青一色である。

とことんブルー グランブルーである。

この映画を見ていて私の好きな言葉が浮かんだ

昔の言葉で 「青は藍(あい)より出でて藍より青し。」

青色の染料は、藍という原料から取れるが、ほおっておいても染料は取れない。だが、難しい工程(人間でいう教育や努力)があれば、藍から取れた染料の青さは原料の藍よりも濃く、鮮(あざ) やかである。

つまり、人が成長する上で、本人の努力がどんなに大切かということのたとえ

人類は海から生まれて、努力とがんばりで信じられないような進化を遂げたが
ジャックもまた信じられないような進化をとげ、そして物語のエンディングで
恋人も振り切り、イルカとともに深い深い海の底へ帰っていった。
青色が藍色にもどっていくように・・・

08030721.jpg

これが映画の悲しい結末。

実は、実在のジャックマイヨールもまた悲しい結末を迎える
映画とは違い、首吊り自殺であるが・・・・
その傍らにはグランブルーのビデオが置いてあったという。
映画の公開から13年後の事であった。

この作品を見るたび、ジャックの思いに合わせるように
神聖な気持ちで見てしまう。











ページの先頭へ


Movie data

グラン・ブルー
Le Grand Bleu
監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン
ロバート・ガーランド
製作 パトリス・ルドゥー
出演者 ロザンナ・アークエット
ジャン=マルク・バール
ジャン・レノ 他
音楽 エリック・セラ
撮影 カルロ・ヴァリーニ
配給 20世紀フォックス(日本 1988年)
日本ヘラルド映画(日本 1992年)
公開 1988年5月11日
1988年8月20日
上映時間 132分(オリジナル版)
120分(編集版)
168分(完全版)



CAST

キャスト
ロザンナ・アークエット:ジョアンナ・ベイカー Johana Baker
ジャン=マルク・バール:ジャック・マイヨール Jacques Mayol
ジャン・レノ:エンゾ・モリナーリ Enzo Molinari
ポール・シュナール:ローレンス博士 Dr. Laurence
セルジオ・カスティリート:ノヴェリ Novelli
マルク・デュレ:ロベルト Roberto
グリフィン・ダン:ダフィー Duffy

OTHERS

ジャックマイヨールの生涯

4歳の時、母親に初めて水とのつき合い方を教わる。10歳の時に、佐賀県唐津市の七つ釜ではじめてイルカと出会い、その後の生活の原点となる。12歳で一家でフランス・マルセイユに移住。17歳で父の設計事務所で働きながらバカロレア資格を取得。高校を出ると北極圏でイヌイットと暮らすなど、以後コペンハーゲンを起点に旅を繰り返す。

22歳の時、ヴィブケ・ボージュ・ワズショルドと間に長女ドッティをもうける。正式な結婚は後の25歳の時、コペンハーゲンにて執り行われた。その後水夫としてカナダ・アルバータ州、アメリカ・マイアミに移住。その間、レポーター、ジャーナリストとして働き、長男ジャン・ジャックが誕生する。 フロリダではフランス語系新聞の手伝いやラジオ番組のリポーターを勤めながら、マイアミ水族館で働く。そこで1957年にイルカの調教を担当したことから水中での泳ぎ方などを体得。

その後水族館をやめてカイコス諸島に移住し、素潜りによる伊勢エビ漁を島民に教える。その頃になると周りの勧めでフリーダイビングに挑戦するようになり、1966年にハバナにて60メートルを記録したのを皮切りにエンゾ・マイオルカと共に記録合戦を繰り広げた。1973年、イタリアに居を移し、10余りの潜水実験に参加。それにより数十メートルの深度でフリーダイビング中のマイヨールの脈拍が毎分26回になっていることや赤血球が著しく増加していることが、スキューバで潜った医師によって測定されたこともある。1976年11月23日、エルバ島にて人類史上初めて素潜りで100メートルを超える記録をつくる。この時49歳であった。


REVIEW DAY

2011年11月10日レビューアップ